相続税の基礎控除とは?

これまでの相続税の基礎控除とは…
《1000万円×法定相続人の数+5000万円》
の計算式で算出可能でした。
例えば、夫・妻・子ども4人の6人家族で夫が死亡した場合、法定相続人は妻と子ども4人となり、
1000万円×5人+5000万円=1億円
が『基礎控除額』となっていました。

しかし、平成27年1月1日に税制改正が実施され、以下のように変更となりました。
《600万円×法定相続人の数+3000万円》
前述の家族と同じ条件で計算してみると…
600万円×5人+3000万円=6000万円
が『基礎控除額』となり、これまでの6割に縮小されたのです。

これまでは、相続税の申告割合は4%(100人亡くなると4人)程度となっていましたが、この改正により、6%程度に上昇すると言われています。
特に、大都市圏では影響が大きく、「戸建の家を持っていると相続税がかかる」と言われるほどです。